本多・西野研究室業績一覧 : Publications (Since 2001/4/1)

2009/5/15, 2008/4/18, 2006/1/19, 2002/11/28, 1/23, 2001/10/16, 5/8 updated

西野のホームへ戻る


2008年度

受賞

  1. ロボカップジャパンオープン人工知能学会賞受賞(2008.5.5)

解説その他

  1. 西野順二、 このへんファジィとそのあたり、 日本知能情報ファジィ学会誌, Vol.20, No.5, pp.776--784(2008)

講演

  1. 西野順二, スキルトロニクスデザインと多次元ファジィ, 第1回人間共生システム研究会/日本知能情報ファジィ学会合同ワークショップFHHB 論文集, HSS-1, pp.1-1--1-6, (2008.2.29)
  2. 西野順二, スキルトロニクスなエンターテイメントデバイスの設計、 第2回エンターテイメントと認知科学シンポジウム、pp.14--15, (2008.3.23)
  3. 西野順二, スキルトロニクスな道具のデザイン、 第22回人工知能学会全国大会講演論文集、1B2-9、(2008.6.11)
  4. 西野順二, 多次元な人間、 日本知能情報ファジィ学会第2回人間共生システム研究会講演論文集、(2008.8.2)
  5. 西野順二, 多次元ファジィによる人間事象の表現、 第24回ファジィシステムシンポジウム講演論文集、pp.622--623,(2008.9.4)
  6. 伊藤毅志、西野順二, ゲームとAI、 CEDEC 2008,(2008.9.11)
  7. 西野順二, スキルトロニクスな道具、 人工知能学会第1回身体知研究会講演論文集,SKL-01-02、pp.7--12,(2008.9.16)
  8. 西野順二, 研究紹介スキルトロニクスな道具、 エンターテイメントと認知科学研究ステーション2008夏合宿,(2008.9.19)
  9. 久保長徳、瀧澤祟、河原林友美、西野順二, OZ-RPにおける半自律型エージェントの設計と実装、 第18回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,D7-1、pp.575--576, (2008.10.24)
  10. 西野順二、久保長徳、 このへんファジィによるバーチャルヒューマノイドの歩行、 第18回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,D7-6、pp.592--592, (2008.10.24)

2007年度

講演

  1. 西野哲朗、西野順二、ほか、 「第1回UECコンピュータ大貧民大会(UECda-2006)の報告」、 第2回電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション講演会 (2007.1.12)
  2. 西野順二、 アルゴリズム研究会招待講演:ロボカップサッカーとジャグリング−計算される日常−、 情報処理学会研究報告 アルゴリズム, 2007-AL-110, pp. 31--37 (2007.1.23)
  3. 西野順二、 招待講演:複雑システム問題の多次元ファジィ集合による解決−このへんファジィで多変数システムに体当り−、 東海ファジィ研究会 (2007.2)
  4. 西野順二、 大貧民における手の構造、 第17回ゲーム情報学研究会、pp. 33--39(2007.3)
  5. 西野順二、 単貧民あるいは詰め大貧民の提案、 第1回エンターテイメントと認知科学シンポジウム、pp. 26--27 (2007.3.23,24)
  6. 西野順二、 Sim-3Dリーグ Humanoidロボットに向けたこのへんファジィ制御の提案、 第25回人工知能学会SIG-Challenge研究会 講演論文集, pp. 44--47 (2007.5)
  7. 西野順二、 ヒューマノイドロボットにおける「このへんファジィ」制御、 第17回FANシンポジウム講演論文集, pp. 247--252 (2007.8)
  8. 西野順二、 このへんファジィ制御 第23回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 98--101 (2007.8.29)
  9. 西野順二、 「コンピュータ大貧民プログラミング概要」、 電気通信大学公開講座 (2007.8.4)
  10. 西野順二、 「4人単貧民の最善手探索」、 電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション夏の研究会07 (2007.8.21)
  11. 西野順二、 「単貧民における多人数完全情報展開型ゲームの考察」、 第12回ゲームプログラミングワークショップ予稿集, pp. 66-73 (2007.10)

2006年度

受賞

  1. 天才プログラマー/スーパークリエータ(2006/5/17, 経済産業省・IPA認定)

論文

  1. Xuqn Ma, Kazuhiro Iida, Mengchun Xie, Junji Nishino, Tomohiro Odaka, and Hisakazu Ogura, A Genetic Algorithm for the Optimization of Cable Routing, Systems and Computers in Japan, Vol. 37, No. 7, pp. 61--71 2006

国際会議

  1. Junji Nishino, Takenori Kubo, Hiroki Shimora, Tomoharu Nakashima, Educational Soccer Simulation system OZED, Proceeding/CD of SCIS 2006. pp. 63--68 (2006.9)

講演

  1. 西野順二、久保長徳、下羅弘樹、中島智晴、 ロボカップサッカーシミュレーションエージェント開発体験キットOZED、 第47回プログラミングシンポジウム講演論文集, pp. 79--86 (2006.1)
  2. 西野順二、久保長徳、下羅弘樹、中島智晴、 位置に基づく行動規則を実装した入門用サッカーエージェント作成キットOZED、 第23回SIG-Challenge研究会 講演論文集, pp. 19--24 (2006.5)
  3. 西野順二、 2次元上のファジィ集合をもちいたサッカーロボット制御、 第22回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 643--648 (2006.9)
  4. 西野順二、 バーチャルサッカーロボットキットOZED、 エンタテインメントコンピューティング2006論文集, pp. 51--52 (2006.9.15)

2005年度

講演

  1. 西野順二、戸田英治, 行動による通信 B-MODEM, 第21回SIG-Challenge研究会 講演論文集, pp. 44--48 (2005.5)
  2. 西野順二、 広がる研究を受け止めるフィールドとしてのRoboCup- OZ, OZRP, OZEDプロジェクトとその成果、 ロボカップシミュレーションリーグ秋キャンプ招待講演、立命館大学(2005.12)

2004年度

国際会議

  1. Cooperative behavior of human players in simulated soccer, Junji NISHINO, Proceedings of SCIS & ISIS 2004: Joint 2nd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 5th International Symposium on Advanced Intelligent Systems : In CD (2004.9)
  2. State Division Knowledge Acquisition using Reinforcement Learning with Adaptive State Tiling, Junji NISHINO and Kazunoshin SHIKADA, Human and Artificial Intelligence Systems: Proceedings of the Fource Inter national symposium on Human and Artificial Intelligence Systems, pp. 388-391 (2004.12)

解説その他

講演

  1. % 戸田 英治、西野 順二 RoboCupサッカーにおける動作による意思伝達 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 sig-gi pp. 27--32 (2004.3)
  2. % 鹿田 和之進、西野 順二 サッカー協調プレイの強化学習のための状態縮約 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 sig-gi pp. 33--38 (2004.3)
  3. % 与田 慎也、西野 順二 バーチャルサッカーで人工プレイヤと協働する人間ミッドフィルダーの行動 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 sig-gi pp. 39--44 (2004.3)

2003年度

2003年、1月〜12月

受賞

  1. 石川亮, 日本シミュレーション学会 奨励賞, 「微視的道路交通シミュレータによる交差点交通解析(2002.06発表)」

論文

  1. # Acquisition of Knowledge for Gymnastic Bar Action by Active Learning Method Yoshitaka Sakurai, Nakaji Honda, Junji Nishino Journal of Advanced Computational Intelligence Intelligent Informatics, Vol. 7, No. 1, pp. 10--18 (2003.3)
  2. $ 交差点走行車両の運転動作のモデル化と交通解析, 石川 亮、風間 洋、本多 中二、板倉 直明、猪飼 國夫, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用、 pp. ??--??, to be appeared (2003.?)

国際会議

  1. # ファジィベースの新しい学習型モデリング手法のハードウェア実装, 村上真之、本多中二、西野順二, 第10回 FPGA/PLD Design Conference 論文集 pp. 1--5,パシフィコ横浜 (2003.1)
  2. # A Hardware Design for a New Learning System Based on Fuzzy Concepts, Masayuki Murakami, Nakaji Honda, and Junji Nishino, IEEE International Conference on Fuzzy Systems, Accepted (2003.5)
  3. # A Hardware System of Active Learning Method, Masayuki Murakami, Nakaji Honda, and Junji Nishino, International Symposium on Computational Intelligence and Intelligent Informatics to be available (2003.5)
  4. # Acquisition of Control Knowledge of Nonholonomic System by Active Learning Method, Yoshitaka Sakurai, Nakaji Honda, Junji Nishino, Proc. of 2003 IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics, pp.2400--2405 (2003.10)

解説その他

講演

  1. # バーチャルサッカーにおける人間FWの特徴分析 西野順二、戸田英治、鹿田和之進、本多中二 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 2003-GI-9, Vol.2003, No.35, pp. 1--6 (2003.3)
  2. # サッカーシミュレーションログデータの圧縮フォーマット 西野順二 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 2003-GI-9, Vol.2003, No.35, pp. 7--12 (2003.3)
  3. % エンターテイメント向けサッカーログフォーマット2goOZ形式の検討 鹿田和之進、西野順二、 第17回SIG-Challenge研究会 講演論文集, pp. 25--28 (2003.5)
  4. # 人間プレイヤのポジションカバー行動の発現 戸田英治、西野順二、鹿田和之進、本多中二 第17回SIG-Challenge研究会 講演論文集, pp. 29--32 (2003.5)
  5. $ 道路交通シミュレータMITRAMによる実交通解析, 立本 真治、本多 中二、風間 洋、板倉 直明、猪飼 國夫, 、 第22回 日本シミュレーション学会大会(2003.06.19)、 pp. 299--302
  6. $ 道路交通シミュレータによる複数交差点の系統制御, 石川 亮、風間 洋、本多 中二、板倉 直明、猪飼 國夫, 、 第22回 日本シミュレーション学会大会(2003.06.19)、 pp. 303--306
  7. $ 大規模空間における負荷分布を考慮した空調制御の研究, 島野淳、植田俊克、本多中二, 平成15年度空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集 pp. 265--268 (2003.9)
  8. % マルチエージェントログのファジィ圧縮 西野順二 第19回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 575--576 (2003.9)
  9. # 能動的学習法を用いたノンホロノミック系の学習制御に関する研究 櫻井義尚、本多中二、西野順二 第19回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 961--962 (2003.9)
  10. $ 大空間空調におけるファジィ制御の特性を利用した制御法の開発 松下哲也、植田俊克、島野淳、本多中二 第19回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 951--954 (2003.9)
  11. $ 石川 亮、本多 中二、風間 洋、猪飼 國夫, 交通解析のための車両挙動のモデル化と信号制御設計への応用, インテリジェント・システム・シンポジウム2003講演論文集 pp. ??-??(2003.12)
  12. $ 立本 真治、石川 亮、本多 中二、風間 洋、猪飼 國夫, 微視的道路交通シミュレータMITRAMにおける合流部運転者判断のモデル化, インテリジェント・システム・シンポジウム2003講演論文集 pp. ??-??(2003.12)

2002年度

2002年 本多($)・西野(%)研究室(#)業績

2002年、1月〜12月(2002/11/28現在)

受賞

  1. % 西野順二、ほか、 日本人工知能学会研究奨励賞(2001年度発表約300件中から5件程度)、 「RoboCupシミュレーションリーグ人間参戦システムOZ-RPの提案」(2002.5.30)

論文

  1. $ ネットワーク構造ファジィ推論エンジンとその検証、 猪飼國夫、本多中二、板倉直明、 パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会論文誌, Vol.12, No.1, pp. 3--11 (2002.3.25)
  2. % 最適配線経路選定問題に対する階層型遺伝的アルゴリズムの構成、 馬 火玄、飯田一弘、謝孟春、西野順二、小高知宏、小倉久和、 電子情報通信学会論文誌, Vol.J85-D-I, No.1, pp.21--30 (2002.1)
  3. % PCクラスタを使用したDSAレジストレーションの並列化の検討、 舩上 頼光、廣嶋恭一、西野順二、小高知宏、小倉久和、福島哲弥、西本康宏、 田中雅人、伊藤晴海、山本和高、 Medical Imaging Technology, Vol. 20, No. 1, pp.59--68, (2002.1)
  4. % 多段ファジィ推論を用いた麻酔科医の血圧管理知識の表現と時系列臨床データからのGAによる獲得手法の検討、 小倉久和,鵜飼英俊,白井治彦,西野順二, 小高知宏,大下修造、 日本ファジィ学会誌,Vol.14, No.2,pp.228-239(2002.4)
  5. $ 可動ノズルを用いた大空間空調時における温度・風速分布のファジィモデルによる推定 、 本多中二、植田俊克、土田孝弘、萩野剛二郎、 日本ファジィ学会誌, Vol.14, No.4, pp. 369--383(2002.8)
  6. % 日本語学習者のためのローマ字表記に基づいた片仮名語からの英単語検索の試み、 諏訪いずみ、西野順二、小高知宏、小倉久和、 電子情報通信学会論文誌, Vol. J85-D-I, No. 9, pp. 927--930 (2002.9)

国際会議

  1. % Real-time Adaptive from Observation for RoboCup Soccer Agents、 Tomomi Kawarabayashi,Takenori Kubo,Takuya Morisita, Junji Nishino, Tomohiro Odaka and Hisakazu Ogura、 Distributed Autonomous Robotic Systems, Vol. 5, pp. 207--214, Springer-Verlag (2002.6)

解説その他

  1. % ドリームチームOZと人間チームOZ-RPの挑戦、 西野 順二、 日本ロボット学会誌、Vol.20 No.1 pp.39-40, (2002.1)
  2. % RoboCupシミュレーションリーグでのソフトコンピューティング、 西野順二、 日本ファジィ学会誌,印刷中 (2002.12発行予定)

講演

  1. # 能動的学習におけるIDS法のモデリング特性、 本多中二、高田雄二、西野順二、 第12回ソフトサイエンスワークショップ講演論文集, pp. 37--40 (2002.3)
  2. # OZ-RPにおける協調行動の分析、 島涼平、西野順二、本多中二、 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 2002-GI-7, pp. 9--16 (2002.3)
  3. % ジャグリングの連続技生成、 西野順二、 情報処理学会ゲーム情報学研究報告 2002-GI-7, pp. 17--23 (2002.3)
  4. % RoboCupシミュレーションにおける異種エージェントの分散協調、 西野順二、 電磁現象および電磁力に関するコンファレンス(The 11th MAGDA Conference) 講演論文集 pp. 6--9 (2002.3)
  5. $ 微視的道路交通シミュレータにおける個人特性を考慮した右折運転動作モデルの構築、 石川亮、佐藤典子、本多中二、板倉直明、猪飼國夫、 第21回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス講演論文集, pp. 143--146 (2002.6)
  6. $ 微視的道路交通シミュレータによる交差点交通解析、 石川亮、本多中二、板倉直明、猪飼國夫、 第21回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス講演論文集, pp. 147--150 (2002.6)
  7. $ ファジィモデル制御、 島野ほか、 空気調和学会 (2002.9.11北九州)
  8. % バーチャルサッカーの人間協調行動、 西野順二、 第18回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 595--598 (2002.8)
  9. # 能動的学習法による非線形システムのモデリング、 高田雄二、本多中二、西野順二、 第18回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 59--62 (2002.8)
  10. # 能動的学習法による鉄棒体操演技知識の獲得、 櫻井義尚、本多中二、西野順二、 第18回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp. 55--58 (2002.8)
  11. % デカルトからの逃避、 西野順二、 ファジィ学会北信越支部シンポジウム予稿集 To be appeared (2002.9)
  12. # 能動的学習法を用いた制御知識の獲得、 櫻井義尚、本多中二、西野順二、 FAN 02' in Saga、 インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集, pp.463--466 (2002.11)

2001年度

受賞

  1. 西野順二:RoboCupジャパンオープン JSAI 賞:人工知能学会 (2001/4/30)

##### 論文

  1. % Digital Subtraction Angiogram Registration Method with Local Distortion Vectors to Decrease Motion Artifact Kyoichi Hiroshima, Raiko Funakami, Kouichirou Hiratsuka, Junji Nishino, Tomohiro Odaka, Hisakazu Ogura, Tetuya Fukushima, Yasuhiro Nishimoto, Masato Tanaka, Harumi Ito, Kazutaka Yamamoto Journal of Biomedical Informatics, Vol.34, No.3, pp.182--194, (2001.6)
  2. % コマンド利用の周期性に基づく個人認証手法の提案 小高知宏, 白井治彦, 西野順二, 小倉久和 情報処理学会論文誌, テクニカルノート, Vol.42, No.10, pp.2533--2536, (2001.10)
  3. $ ファジィ推論を用いたネットワーク構造モデルによる自動車すり抜け運転動作などのシミュレーションと渋滞解析 猪飼國夫、石川亮、本多中二、板倉直明 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, Vol. 42, No. SIG 14(TOM 5), pp. 90--97 (2001.12)

##### 国際会議

  1. $ Fuzzy Clearance in Printed Circuit Board Designs Masayuki Murakami, Nakaji Honda Proc. of FUZZ-IEEE2001, pp. ??--?? Melbourne(2001.12.2-5)

##### 解説その他

##### 講演

    ### 第33回数理モデル化と問題解決研究会(2001.3)

  1. $ ファジィ推論を用いたネットワーク構造モデルによる自動車すり抜け運転動作のシミュレーションと渋滞解析 猪飼國夫、石川亮、本多中二、板倉直明 第33回数理モデル化と問題解決研究会 Vol. 2001, No. 27, pp. 1--4 (2001.3)

    ### 人工知能学会研究会 (2001.4)

  2. % RoboCupシミュレーションリーグ人間参戦システムOZ-RPの提案 秋田純一, 西野順二, 久保長徳,下羅弘樹, 藤墳到 人工知能学会第12回Sig-Challenge研究会資料 pp. 23--28 (2001.4.27)
  3. % ヘテロジーニアスチーム OZ における協調的行動の分析 伊藤暢浩、西野順二、森下卓哉、久保長徳 人工知能学会第12回Sig-Challenge研究会資料 pp. 40--45 (2001.4.27)

    ### 第20回シミュレーションテクノロジーコンファレンス(2001.6)

  4. $ 個々のファジィモデル自動車特性とその車群特性との関係 板倉直明、蒲生章子、本多中二、猪飼國夫 第20回シミュレーションテクノロジーコンファレンス予稿集 pp. ?--?(2001.6)
  5. $ 非衝突条件を考慮した追従運転のモデル化 王維恩、板倉直明、本多中二、猪飼國夫 第20回シミュレーションテクノロジーコンファレンス予稿集 pp. ?--?(2001.6)
  6. $ MITRAM道路交通シミュレーションシステムの統合シミュレーション環境 猪飼國夫、本多中二、板倉直明、佐藤章 第20回シミュレーションテクノロジーコンファレンス, pp. 283--286 (2001.6)

    ### 第17回ファジィシステムシンポジウム 船橋 (2001.9)

  7. $ 能動的学習法による非線形システムのモデリング 羽生貴史、秋本英一、本多中二 第17回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.141--144 (2001.9)
  8. $ 負荷変動および外乱に対応したファジィモデリングを用いた大空間空調制御 曽我佑介、植田俊克、本多中二 第17回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.727--730 (2001.9)
  9. % ファジィ意志決定によるサッカーのパスポイント決定 −ファジィ判断を用いたRoboCupサッカーエージェント− 河原林友美、久保長徳、森下卓哉、高橋直人、西野順二、小高知宏、小倉久和 第17回ファジィシステムシンポジウム講演論文集, pp.431--434 (2001.9)

    ### FAN 2001 インテリジェントシステムシンポジウム 大阪

  10. % OZ-RPシステムを用いたバーチャルサッカーでの人間協調行動の観測 西野順二、久保長徳、秋田純一、下羅弘樹 第11回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集, pp.149 -- 152 (2001.9)
  11. % 異種ロボットの混成ロボットサッカーチーム 秋田純一、西野順二 第11回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集, pp.153 -- 158 (2001.9)
  12. # ファジィ手法を用いた微視的モデルによる交差点付近の渋滞解析 石川亮、本多中二、猪飼國夫、板倉直明、西野順二 第11回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集, pp.505 --508 (2001.9)
  13. # 能動的学習法を用いた学習制御手法に関する考察 櫻井義尚、本多中二、西野順二 第11回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集, pp.413 -- 414 (2001.9)

    ### 鉄道技術連合シンポジウム (2001.12)

  14. $ 微視的道路交通シミュレータによる交差点および踏切渋滞解析 石川亮、本多中二、猪飼國夫、板倉直明 鉄道技術連合シンポジウムJ-RAIL'01講演論文集, pp. 449--452 (2001.12)

##### 著書など

    ### RoboCup book 2000

  1. % Zeng00: The Realization of Mixed Strategy in Simulation Soccer Game Takuya Morishita, T. Kawarabayashi, J. Nishino, H. Shimora, H. Ogura RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV (Peter Stone, Tucker Balch, Gerhard Kraetzschmar Eds.), pp. 465--468, Springer (2001.8)
  2. % Open Zeng: An Open Style Deistributed Semi-Cooperative Team Development Project from Japan Junji Nishino, Takuya Morishita, Takenori Kubo RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV (Peter Stone, Tucker Balch, Gerhard Kraetzschmar Eds.), pp. 473--476, Springer (2001.8)

1990-2000年度

2000年度以前は福井大学で管理中: OLD Papers before 2001/3/31 (at Fukui University)